AGAとは?最新治療法

薄毛の治療薬ミノキシジルって?副作用・初期脱毛とは?

投稿日:

薄毛に悩んでいて育毛シャンプーや育毛トニックを使っても全く気が生えていないそこのあなた。薄毛を諦める必要は全くありません。ミノキシジルを毎日飲めば髪の毛が必ず生えてきます。
ミノキシジルは元々血圧を低下させる効果があり高血圧の人に飲まれていた薬でした。ただ、副作用としてこの薬を飲んだ人は必ず毛が生えて毛深くなるという効果がありこの副作用を利用して現在では増毛剤として利用されています。
ミノキシジルを入手する方法は大きく分けて2つあります。一つはAGA治療専門のクリニックに行く方法ともう一つは個人輸入代行でミノキシジルを入手する方法です。
クリニックに行く場合は血液検査ので適正を調べて合格が出ればお医者さんに頼めばミノキシジルを処方してくれる可能性は高いと思います。ただし専門クリニックに行く場合は費用が高額になり1回の通院で数万円取られるところもあります。何か副作用の問題が出た時に専門のクリニックなら安心なので安全第一の人は専門クリニックに行った方がいいでしょう。
個人輸入代行で薬を入手すると専門クリニックに行く場合と比べて薬代が非常に安いです。ミノキシジルの価格は1ヶ月分でだいたい1000円ぐらいで購入できるので専門クリニックに行く治療費の10分の1以下で薬を入手することができます。ただし個人輸入代行の場合は全て自己責任のもとで行う必要がありもし薬を飲んで副作用が出たとしても全て自分で解決しなければならないためリスクを取りたくない人はあまりお勧めしません。薬の価格を抑えたい人におすすめの方法です。

ミノキシジルの副作用・初期脱毛とは?

ミノキシジルの育毛剤を塗布、あるいは服用している場合、「初期脱毛」という症状が起こることがあります。ミノキシジルの使用を開始してから、(個人差はありますが)1ヶ月ほどの間、抜け毛が増える状態になるのです。そこで、抜け毛が増えたことが怖ろしくなって、使用を中止してしまう人もいるようです。しかし、これはどういったことが起こっているのかというと、「休止期」の髪が一度に抜けることから、抜け毛が一時期増加するということなのです。ヘアサイクルには、3つの段階があります。髪の毛が生えて成長する「成長期」、髪の毛の成長が止まる「退行期」、そして髪の毛が抜ける状態になっている「休止期」、この3つの段階に分かれます。ミノキシジルの使用を開始すると、毛母細胞の働きが活発になるため、髪の毛の成長が促されます。すると、髪の毛が伸びて成長してこようとするのです。そこで、抜けるのを待っているような休止期の髪の毛が、これから成長してくる髪の毛に押し出されて、「抜け毛が増える」=「初期脱毛」という形になります。ですから、一時期抜け毛が増えたために薄毛が進行しても、焦って使用をやめてはいけません。これは、後から健康な(太い)髪の毛が生えてくる為の、重要なステップだといえるのです。逆に言えば、「初期脱毛」が起こりやすい人ほど、AGAが改善されていく可能性が高い、と言えるでしょう。それは、薬が「効いている」ということなのです。「初期脱毛」が起こっても、じっくりと腰を据えるつもりでそれに対処していきましょう。

-AGAとは?最新治療法

Copyright© 女性育毛剤で薄毛のお悩み解消( 'ω'o【ヘアケア・ファクトリー】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.